花虫鉄壁 @nobuta49

鉄道風景とたまに日常を綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

青山ファーマーズマーケットへ 

どもども、みなさまお元気でしょうか?
私は激しい落ち込みの後、立ち直りつつありますでつ。
ただ今、目指せ不良を目標に何とか日々をこなしていますでつ。


以前から気になっていた、土日開催の青山ファーマーズマーケットへ
愛車nobuta2号でチリャチャリと行ってきました。


各地産直のお野菜はもちろん、蜂蜜、パン、植木やコーヒー豆、
ピクルス、ジュースやジャムなど、
どれもこれも新鮮で美味しそうなモノがたっくさん♪
んがぁ〜、
私はチャリダーなので20㍑のデイパックに入るだけしか買えましぇん。
しかも重いと走りに負担・・・(弱虫ライダーだからねぇ)
というわけで、まず瓶類のモノはあきらめ。
毎朝のスムージーに使う葉物と、丸形のズッキーニ、
ドライトマト、天然酵母のパン数個、サラダに使う人参、
コーヒー豆とブルーベリーを買いました。


ズッキーニ


まぁるいズッキーニはペラッペラの薄くスライスして、
アクを取った後、同様に薄くスライスしたパルミジャーノ・レジャーノと
塩、コショウ、オリーブオイルを少々垂らして、
さっそくいただきました、美味しい♪


人参


モノによっては土曜日で売れ切れてしまうモノもあるそうです。



このところ、意識して生野菜を摂取しています。
自分はアオムシになったつもりで、アホみたいに食べてます。
これがすこぶる調子が良いのです。
お腹の調子も、気持ち的にも。

先天的に左の股関節の「入り」が浅く、
古傷の右膝が酷使すると痛みが出ます。
加齢と共に関節の可動域も拘縮縮小を実感しています。
老い、と向き合ってます。
できていた事ができなくなる。
先は見えてきている、からこそ身体は大切にしようと思っています。
スポンサーサイト

酵素シロップ作ってまつ 


苺さん3

季節のものを食べるって気持ちよくなります。

炭酸で割ったり、
ヨーグルトに入れたり、

そして何より発酵する過程を見るのが楽しい。

苺の香りって、芳醇。


今年の苺の季節もお終いです。

お猿のジントニック Monkey47 

monkey47

このコルクをシュポン!と引き抜くと、
それは芳香な香りが柔らかく漂います。

これは2011年発売のプレミアム ドライジン。
ドイツ南部のシュルツバルト(黒い森)にある小さな蒸留所で
コツコツ手作業で作られているジンです。


イギリスの退役軍人がシュルツヴァルトで宿を営んでいました。
彼は余暇に地元の森で採れる原料を使用し、
オリジナルジンを作る程のジン好きでした。
彼の死後、「お猿のマックス 黒い森のドライジン」という
手書きのボトルが発見され、それが話題に。
お猿のマックスとは、
彼が第二次大戦後のベルリン復興計画に携わった際、
スポンサーになっていたベルリン動物園のオナガザルの名前だったそうです。
そのニュースにインスパイアされたアレックス・スタイン氏と
蒸留職人クリストフ・ケラー氏が試行錯誤を重ね
生み出されたのが、このMonkey47。
47は、アルコール度数47%。
原料に使われるボタニカル(植物の実・葉・根など)47種類であること。
閉じ込められた香りは、
メインのジュニパーベリーはじめスローベリー、リンゴベリー、
ブラックベリー、シトラス、ローズヒップなど
多くの地元の森から採れる最上の物。
そして世界有数のまろやかで澄んだ味わいの水と、
蒸留はオールドスタイルな専用の蒸留器を使用。
ボトリング作業まで手作業で作り上げられるのだそうです。
したがって数も取り扱い店舗も少なく、あーんどお高い・・(泣)


CHANELのエゴイスト!
初めて香りを嗅いだ時はそう思った程、
まるで香水のような香り。
そして

絶品の美味しさです。


このボトルは行きつけのバーで空瓶になった物を頂き、
時々、シュポン!とコルクを開けてクンクン匂いを楽しんでました。
て、なんか危ない人じゃん(汗)
というわけで写真を撮った後、処分してしまいましたがね。
ボトル、ラベルのデザインも、
味も香りも、
すべて大好きなお酒のお話でした。

三陸鉄道 美味しいもの 

ペンギン駅弁

鉄道旅行のお楽しみはなんといっても駅弁ざます。

私は大宮から乗車したので、大宮弁当♪
を狙っていたのですが売れ切れちう(泣)

なのでSuicaのペンギン弁当にしました。
ペンギン弁当は季節で風呂敷の色とメニューが変わるそうです。
この日はSuicaが全国で使用可能になった記念メニュー。

東京深川めし
東海みそかつ
関西たこやき
九州明太子ご飯



豆のサラダ
煮物



Suicaのペンギンの好物

ふふふ、なんだかわっかりますかぁ????

魚肉ソーセージ炒め」♪



デザートは!
スイカのロールケーキ(^-^)/


満足満足おいちいおいちいと、完食でつよ。


さて、お昼は宮古駅前の「蛇の目本店」
入ろっか隣に行こうかと迷っていると、
お店から出てきたおばちゃん二人組に、
「(ここは)美味しいわよぉ〜 ラーメンもあるわよぉ〜」
と、はいはい、ここにしましょ。


前菜は当然、宮古なので

宮古の牡蠣


生牡蠣が前菜でつ。
ガツガツガツガツ!

さあさあ、メインディッシュはぁ〜♪


宮古海鮮丼


どどーーーん!


あはははは!
たまんねぇ〜♪
イクラはプリップリ!
ウニとカニが甘いのよぉ〜
鮑はコリコリ、マグロはとろけるw〜
食べても食べてもご飯が現れないのよぉ〜

んでもって、私は半分でギブアップしたのでした。

ばっかいろぉぉぉぉ〜〜〜ー

私の胃袋、でかくなれぇ〜〜〜
デザートの苺パフェ食べたかったよぉ〜〜〜
大泣きランチなのでした。


ふと気になったのは、お隣のテーブルの二人組。
初老の女性と中年男性。
黙々とご飯を食べてますが、
椅子には仏花。
盛岡駅から同じバスでご一緒だったお二人。
はしゃいだ事をそっと反省しました。

乙女なのよ 

ご存じない方も多いと思いますが、

Tea Timeには乙女になるんでつ、私。



sweets

このドーナツはぷちさん撮影です。
3人仲良く奪い合い・・じゃなくてガツガツいえ、
お淑やかにいただきました。


sweets

近所のホットケーキ屋さんの春限定、
苺のホットケーキ♪

Olympus Pen EPL5のアートフィルターのおかげで
冬眠していた乙女が目覚めました。
ガツガツガツガツ(^_-)-☆

千葉の森のカフェへ 

IMG_4565momiji.jpg


@cocoazusaちゃんの運転する車で、
ずんずんずんずん、山の中へ。
本当にここにあるの?というくらい、
ただ水田の中を走っていると、道路に小さな看板。
左折して道なりに進むと、



IMG_7491cafe.jpg


Mai cafeさん到着。


鶏の鳴き声を聴きながら、
その日は滋味深い卵かけご飯の遅めのランチを。
また行きたいな。

ごちそうさま 

IMG_6507soup1.jpg


今日の休日はあれこれやる事に追われて、
でも睡眠不足には逆らえず、お昼寝。
なのにギャンギャン!とトリちゃんにご飯をせがまれて
結局、寝不足はあまり回復できず仕舞い。

猫達のご飯を済ませて、
再び片付けしてから、人間のご飯作り。
今日は野菜のポタージュを作りました。
寒くなるとスープや汁物が恋しくなります。


ゆっくりオリーブオイルで野菜を炒めて、
決して煮立たせず、静かに静かに軟らかくなるまで煮て
ミキサーにかけて、裏ごしして。
控えめな塩味で味付け。

IMG_6510soup.jpg



冬のはしりの春菊は、
茎と葉をそれぞれ別に茹でて、
食べやすい大きさに刻み、黒ごまと鰹節をまぶして
ほんの少し醤油を垂らして。


精神的に余裕がないと、
味付けが突っ慳貪になったり、尖ったり。
ゆったりと作ると、味付けもおおらかになります。


ごちそうさま!
日常が美味しい事は、暮らしの何よりの幸せです。

赤紫蘇シロップ 

目に鮮やか!


IMG_5194siso.jpg



チロさんが立川駅で暮らして居た頃の、お世話をしてくれていた
猫友KIRIさんお手製の赤紫蘇シロップジュースです。



この夏の暑さは、このシロップのおかげで
随分、体が助けられました。
KIRIさん、ご馳走様!
大切に大切に飲んでます。
感謝でつ♪

夏の朝ご飯 

IMG_5443budou.jpg



葡萄と紅茶が定番です。


先代の猫「ぽち」は巨峰が大好きでした。
気がつくと猫まっしぐら、幸せそうに食べていたっけ。



白い器は、黒田泰三さんの小鉢。
今や彼の作品は、アートになってしまって
モノによっては億単位の値段が付くようになってしまいましたが。

西武とコラボしていた頃の、
食器が一番使いやすかったです。

この白いシリーズは縁に向かって薄くなっているので、
少しの衝撃で直ぐに欠けてしまいます。
美しいけど、普段使いには使い辛さがあります。
そおっと、そおっとの取り扱い。

もも狩りに行ってきました 

職場のリクレーションはいつも留守番部隊で通してきたのですが、
珍しく参加しました。
「もも狩り」「ハーブガーデン」
の誘い文句にフラフラ誘惑されて。

ところが当日の天気がぎっちょんちょん、
雨が降ったり止んだりで、
雨天コースに変更され、
「ハーブガーデン」消失し「ワインセラー」に変更。


ガッカリ・・・・



IMG_4314momo1.jpg





甘いももの見分け方、ご存じですか?
皮の赤い部分にクリーム色のソバカスが多いほど、
糖度が高いのだそうです。
決して売り場でニギニギ押しちゃダメですよ!


持ち帰ったももはいきなり冷蔵庫に入れちゃダメなんだそうです。
冷蔵庫に入れるとそこで糖度が止まってしまうので、
食べる2時間前に入れるのがベストなんですって。




山梨の笛吹町はももやブドウ畑が街道沿いにたくさん見られます。
それらの実りを見る度に、
実るまでの手入れに感謝してしまうのです。
ほんと、実るって大変なんだから。

町に点在する
「もも」「もも」「もも」「ぶどう」「ぶどう」「ぶどう」の
のぼり旗を見てとワクワク!
こんな時、車が運転できたら好きな時に行けるのになぁと
ちょっと思ったりします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。