花虫鉄壁 @nobuta49

鉄道風景とたまに日常を綴ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

にゃーごやに行ってきた 後悔編 

にゃごや

名古屋は京都に行く際に、
いつも新幹線から眺める街で、
歩くのは初めてでした。

鉄道博物館に行くのも初めて。

熱田神宮が名古屋から行ける事も知りませんでした。
リニア鉄道感を出た後、
熱田神宮にお参りに。
流石、信長が桶狭間の戦いに戦勝祈願しただけある
威厳に満ちた、空気の温度が違う場所でした。


名古屋、といえば私の中では
「モーニング」と「味噌カツ」。
名古屋到着したら絶対モーニング(朝ご飯新幹線で食べたけど)!
と思っていたのですが、
駅前でモーニングこの辺で食べられますか?と尋ねると、
「知らん!」
・・・
あ、そう。
負けるもんか!と別のおばちゃんに尋ねてみると、
「ここやってるよ!」と指さすイタリアン風喫茶店。
店の看板にはモーニングメニュー見当たらなかったけど、
あるのね、入ろう入ろう♪と入って
メニュー見てもやっぱりモーニングは載って無くて
お店の人に尋ねると「うちはモーニングやってません」

えええええええええええ


でもコーヒーを@uraurakanパパにご馳走になりました。
美味しかったわクスン。



お昼は、じゃじゃじゃーん!

ひつまぶし



これが美味しいのよ♪
米粒一粒も残さずに食べて来しました。
ひつまぶし、わんだふぉ〜〜
しかもお昼までご馳走になってしまって(汗)
@uraurakanちゃん、ご馳走さまでしたm(__)m



というわけで、
名古屋のモーニングと味噌カツは食べず終い。
胃袋があと3個あったら食べられたと思うけど、
残念無念。
帰京してからもまだモーニング食べ損ないは後を引いてます。
トホホ・・・
スポンサーサイト

夕暮れ東京タワー 

Tokyo_tower

たまに東京タワーに登りたくなります。

この風景の、ビル群の一つの建物で随分前に働いてました。
OPE室で来る日も来る日も残業してました。
夜も眠らず、必死だったあの頃。
おかげでちょっとやそっとの事では、
仕事に置いては怯まなくなりました。
こんど人間に生まれてくる時は、
もうこの仕事はしたくない。
人間のラディカルに関わる仕事はしたくないなぁ。


この風景の、とある建物の3Fで娘は産まれました。
その娘と眺める夏の夕暮れ、東京タワーからでした。


東京タワー展望台のカフェで売られているソフトクリーム、
絶品でつよぉw〜(*^_^*)

田んぼとラブホとバーベキュー 

田んぼ130715

毎年、海の日前後に同じメンバーで都内某所の田んぼに遊びに行きます。



flow.


風に吹かれて、
夏の太陽に照らされる稲を眺めます。


ただそれだけ、なのですが
とても気持ちの良い時間です。



田んぼ


今年の向日葵さん、こんにちは!


ひまわり




田んぼの隣はラブホがあって、
そのお隣が河原のキャンプ場。

メンバーで、
バーベキューとラブホ、どの順番で行きたいか?という話題になりました。



あなたならどっち?
私は田んぼのみで満足満足。

デザインあ展に行ってきました 

peaple

何をどう伝えるか、
それが明確なデザインというのは圧倒されます。
美しく、
感動的です。

目が見えるって幸せなんだ。
こころが健康って幸せなんだ。
誰かに何かを伝えられるって、なんて素敵なんだろ...

好きなひとつに 

蒲公英

空が入れ替わる時間が好き。

始末が大事よ、生ゴミは。 

チューリップ1

「愚痴は生ゴミだと思うの。
捨てずに溜めれば腐る。
腐敗はガスを発生させて
やがて何かの刺激や衝撃で爆発するわ」

看護部長に呼び出されての
温かいお言葉。


キャリアが長くても、
「どこ」で勤務したかにより、
あまりにも看護観の相違は簡単には埋まりそうにないけど、
今、自分にできる事に集中する。

正しい事を大声で叫んだところで、
通じないのだから、
小声でささやき続けるしかない、という結論なのでした。
実は最近、上手く眠れなくなってました。
3時に目が覚め、あとは不眠の日々。
でも今日は泣いたので、ちょっと楽になったかにゃ?
あは〜ん♪

お別れをいつするの? 

street

今日は東横線渋谷駅にお別れしてこようと準備をしていたのですが、
出かける直前にお腹がパッパパラリラになってしまい、
落ち着くまで様子見ていたら、
空が黄な粉色になってしまい、
結局外出は控える決断を。

もおおおおッ!

でも春の埃っぽい日の外出はお肌にも良くないし、
何より気管に悪いからねぇ。


ああ、渋谷駅が無くなるなんて
切なすぎる。

今日のもふもふ 

IMG_7133birds.jpg

うう〜
思わず翼の下に潜り込みたくなるようなキジバトさんカップルでした。

池の周りには望遠レンズ装着した方々がたっくさん。
いやぁ、平日の昼間に白レンズ300mm装着した方って見た事無かったから、
もう、びっくりんこでした。

bird

こちらは、アオジのレディ。

bird

なんと美しい、カルガモの青色よ!


全てOLYMPUS Pen E-PL5/40-150mmにて撮影。

お花見と温泉 

IMG_9786sora.jpg

叔父の主治医から電話がかかってきました。

弟と一緒に、面会に行きました。


大工だった叔父は、
人が良くて、優しくて、タバコと将棋が好きな人でした。
祖母を最期まで面倒見て、
一番上の叔父さんの最期も面倒見て、
自分の妻に先立たれても、笑顔を絶やさず
昨年晩秋まで子供達に卓球を教えていたそうです。

一族が集まると、「温泉行こう!」が口癖の叔父。

病室に横たわる叔父は、祖母にそっくりになっていました。
仰天する程、そっくりでした。

「もう歩けなくなっちゃったんだよ」と言う叔父の身体には
ラインがたくさん装着されていて、
二回りくらい小さくなっていました。
手の抹消は明らかに呼吸状態の悪化を示す、皮膚色の変化が見られて。


「花見に行きたいねぇ〜、その後に温泉入るんだ」

うんうん、親戚一同で行こうよ!
歩けなくても車いすで行けるよ、大丈夫、私手伝うし。
叔父は嬉しそうに聞いていました。


話し込むとすぐに咳き込んでしまうので、
短時間の面会でしたが、ゴミ箱には血液汚染のティッシュがたくさん入っていた。
帰り際、私と弟とはハイタッチして退室。


主治医からは
「3月までは非常に厳しい。
『今』のうちに面会に来てください」との要請でした。
主治医の言う『今』とは、
会話ができる『今』なのだと痛感しました。
病院を出た途端、胸がギュウギュウ哀しくなりました。





妹尾和世さんのこと SANAAS 

IMG_6811machi.jpg

白い壁にウサギの耳が背もたれになっている椅子が、
ズラッと並んでる写真を見て、
う!ここ行ってみたいと思ったのが
金沢にある21世紀美術館。
建築物が好きで、時々本や雑誌で
あ、これ好き!
と思うものはSanaasがデザインしたものが多かったのです。
彼らの作る建物は、空気が流れている。
風が通り抜ける。
そんな印象でした。

ニュースでSanaasがプリツカー賞を受賞したとか、
存在は断片的に知っていたのですが、
昨日のNHKが特集したSanaasの番組をみて、
妹尾さんはギャルソンの服が似合うと思いました。
作るモノだけでなく、
ファッションセンスも抜群で、ハンサムです。
後で知ったのですが、
やはり妹尾さんはギャルソンの服を着ていると知り、
嬉しかった。
妹尾さんとギャルソンのデザイナー、川久保玲さんは
同じ匂いのする女性だと思う、
なんの根拠もないけどそう感じるのです。


国立競技場の再建にはSanaasにやってもらいたかった。
至極残念無念!

因みにウサギの耳の椅子は、
ラビットチェア。
もちろん彼らのデザインした椅子なのでした。
椅子フェチの私としては、
たまらんデザインであります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。